真っ直ぐに、ただ真っ直ぐに

アクセスカウンタ

zoom RSS エゴグラムによる性格診断をやってみた。BBACBからBBBCBへと性格が変わった。

<<   作成日時 : 2008/07/28 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 B型だから血液型診断は信じない僕ですが、なぜかエゴグラムは大学生の頃から信じています。どちらも科学的根拠がはっきりしないのになぜかエゴグラムだけ・・・。結局、自分にとって都合のよいものだけを信じている。まあ、診断なんてそんなもんだろうけど。根拠のあるものばかり信じているだけじゃあ夢も希望もなくつまらないもんね。

 今日、診断したのは、「エゴグラムによる性格診断」(http://www.egogram-f.jp/seikaku/index.htm)というサイト。このサイト結構有名で、診断した方も多いのでは。無料で簡単に診断できるので、やったことのない方にはお勧めです。
 
 大学生の頃から半信半疑で何度か診断していました。その時はいつもBBACBという結果。A(合理的な大人の心)が高く、FC(自由な子供の心)が低いというものでした。


 それから社会人になって。

 社会人になってからも定期的に診断していました。最初の6ヶ月ぐらいまでは大学のころ同様BBACBでした。しかし6ヶ月を過ぎ、会社にもだいぶ慣れてきた頃から徐々にエゴグラムが変わり始めてきたのです。BBACBからBBBCBになってきたのです。A(合理的な大人の心)が下がってきているのでした。

 これはどうしたことかと、A(合理的な大人の心)が下がる要因を調べてみました。そのためにAの上がる要因を調べ、社会人になり、やらなくなっていたらそれが下がる要因だと考えました。


Aの上げ方
・テレビでNHKのニュース番組などを見る。 
  ⇒自由な時間が少なくなりニュース番組を見る時間は減った。

・新聞の社説を読んで考える。 
  ⇒社説は読んでいなかったが、新書は読んで考えていた。現在は、時間がなくなり読めなくなった。

・日記をつける。文章を書く。 
  ⇒日記は以前から付けていない。学生時代はレポートや論文で文章を書く機会があったが現在はほとんどない。

・チェスや囲碁の論理的なゲームを覚える 
  ⇒以前から論理的なゲームはしていなかった。

・一つのテーマについて研究する。 
  ⇒大学時代はゼミで研究をしていた。現在はしていない。


 こう調べてみると、社会人になってやらなくなったことが多い。それをやらなくなることによって自分の性格が知らず知らずのうちに変わっている。そう考えると少し怖い。

 大学から社会人への環境の変化だけでも自分は変わっている。環境が変われば、性格はすぐに変わってしまうのかもしれない。自分を変えるには、意識を変えるのではなく、環境を変えるのが本当は大切なのかもしれない。例えば、自立したい。そうするためには実家暮らしから一人暮らしをしてみる。例えば、優しくなりたい。人の世話をする職に就く。といったように。

 ただ現在の自分にない方向へ向かうのだから、当然勇気がいる。しかし何もせずに変わることなんて絶対できない。そこで決断できるかできないかもその人の性格次第。








学生から社会人になってAが下がった人って多いんじゃない?いたら↓にコメント下さい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
????????????????????
うちのスタッフで「心理学」を勉強してた男がいる。終業後、彼と話をしていた。「エゴグラムという『性格診断』 があるんですよ。」・・・どこかで聞いたことはあるな。しかし、経験のない診断だったので「じゃ、私にやってみてくれ」と・・・。〜そ... ...続きを見る
お子様社長の出張所
2008/07/29 14:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゴグラムによる性格診断をやってみた。BBACBからBBBCBへと性格が変わった。 真っ直ぐに、ただ真っ直ぐに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる