真っ直ぐに、ただ真っ直ぐに

アクセスカウンタ

zoom RSS 人見知りのわけ

<<   作成日時 : 2009/01/13 04:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気づくのが遅かった。今まで気づいていなかった。


僕、自分でも認識しているのですが人見知りです。なかなか自分のことが話せない。隠してしまうんです。親しい友人でないと心が開けないんです。

なぜ、こんな性格になったのか?心当たりがあります。


小学生の頃・・・。

小学生の頃、ある親しい友人がいました。その友人は、周りの大人からの評判が悪く、いわゆる"ワル"というのかな?そういう目で大人から見られていました。あとから聞かされるまで知らなかったのですが、人のうちのお金を盗んだりするような人でした。

でも当時、そんなことも知らない純朴な僕は、大人なんて当てにならないと信じずその友人を信じていました。すごく仲好くしてくれるし、すごく楽しい。幼い僕は、彼を疑うことなんて全くありませんでした。

ところがある日事件は起こりました。

僕の親の財布からお金がなくなりました。一万円だけが・・・。即座に親は僕に問いかけましたが、僕は全くわかりません。では誰が・・?

また親は問いかけました。"彼"ではないかと。

問いかけられるまで、僕の脳裏にはその"彼"は思い浮かびませんでした。でも言われてみると・・・。彼はその日僕の家に遊びに来ていたし・・・、まさかそんなはずはとは思っていましたが。

次の日も学校で普通に話し掛けてくれましたが、親には「近寄らない方がいい」と言われています。僕もどうしたらいいか分かりませんでした。でも確かに近寄らなくなって・・・、彼も薄々気づいてるようです。


そして、友達をひとり失いました。


犯人はいまだに誰か分かりませんが、おそらく彼だと思っています。幼心にはショックが大きかったです。誰を信用したらいいのかが分からなくなりました。目の前で話している人を信用できなくなりました。

それ以降、友達は出来ましたがどうしても「この人は僕を騙そうとしているのではないか」と疑いの目で見てしまいます。現在でもそれは続いています。本心はなかなか打ち明けません。





ところが最近気づいたことがあります。


自分が心を開かないと相手も心を開いてくれないということ。


これも、ある営業マンに出会って気づいたことです。

その人は飛び込みの営業でやってきました。

こんな僕だから飛び込みなんて信用できないと頑なに拒否をしていました。しかしその人は凄くしつこくて何回もやってきます。何回来ても無駄だと、断わっていました。でもその人は熱心で目が輝いていました。

仕方がないので、一度だけと思って話を聞いてみました。当然僕は乗り気じゃないので、一方的に話を聞いているだけでしたが・・・。でもその人は、自分のプライベートなことまで、包み隠さず話します。人見知りな僕は、ほぼ初体面なのに自分のことをどうしてこんなに話せるのだろうと不思議に思っていました。

またその人は来ました。

しつこいなと思いつつも気になっていたので話してみようと思いました。その日もこちらは全く心を開かず、その人が一方的に自分のことを話していました。

何度も来ました。

何度も来るうちにどうしてかその人の話を聞きたくなってしまっていました。そしてすっかり信用してしまって、その人に心を開けるようになっていたのです。


その時、初めて気付きました。人見知りだからといって、自分の心を隠して相手の心なんて掴むことはできないと。もちろんその営業マンは商品を売るための術だったのかもしれませんが、学ぶことが多かったので買いました。WIN-WINの関係で買った私も気持ち良かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人見知りのわけ 真っ直ぐに、ただ真っ直ぐに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる